門をくぐると、宴の始まり

店主の想い

 自分が調理する食材はどのように育っているのだろう?
 はじめはそんな些細な疑問がきっかけでした。数年間にわたり大阪を中心とした生産地を訪れ、生産者の皆さんと出会い、それを支援する方々と語り合いました。
 いつしか料理人という仕事を通じて、このような方々の思いを伝えることが自身の目標となっていました。

 食材自慢ではなく、お互いが信用出来る関係を大切にして形として伝えたい。その食材の良さを活かした料理を食べて頂きたいと思っています。
 桜花で過ごす時間を通じて、より食が好きに、大切に思ってもらえることが出来れば、と願っております。

食材紹介

【 (有)ツムラ本店の鴨 】


河内の松原市で明治初期よりあひる及び合鴨づくり一筋のツムラ本店さん。

河内鴨は、人が食べても安心な無農薬飼料を与えられ、
新鮮な空気がいつも巡るように配慮された衛生的な鶏舎で、
大切に平飼いされています。

通常より長期間大切に平飼いされているので、ロース肉に光沢と厚みがあり、よく熟成しています。
河内鴨

【 カンキフーズの犬鳴ポーク 】


犬鳴ポークは、厳選されたリサイクル飼料を
計画的に食べて育った、大阪で唯一のブランド豚です。

人間の食生活から出る「食品残さ」を飼料とする犬鳴ポークは、
食品リサイクルに貢献している、環境に優しいリサイクル豚です。
犬鳴豚

【 原野牧場の梅ビーフ 】


大阪ウメビーフとして飼育される牛は、
漬け梅を1日当たり1kg、6ヵ月以上給与しています。

この梅は、食物繊維やクエン酸、オリゴ糖と約14%のアルコール分を含み、牛は食欲増進や整腸作用により健康に飼育されます。

あっさり、さっぱりした食味で、油臭さがほとんどありません。
(SMAPxSMAPでも大絶賛されていました。)
大阪梅ビーフ

【 タナカファームの玉子 】


一般に、飼われている鶏のえさの中身は98%が
輸入されたものだと言われています。

えさの中に含まれる、ポストハーベスト農薬・抗生物質・防腐剤等の薬物がアレルギー体質になりやすい原因だとタナカファームさんは考えられ、
鶏の飼料はすべて、人間が食べて全く問題ない、出所の明らかな飼料を自社配合されています。

黄身の色は、とってもきれいなレモンイエロー!これぞ自然の色です。
タナカファームの玉子

【 塔原・堀田さんの玉子 】


岸和田市塔原に農場があり、水は和泉葛城山系からひいています。

えさはポストハーベストフリーの単肥と、
和歌山の米生産者から直接届けてもらうぬかなどを 自家配合して鮮度に気をつけたもの。

黄身に色をつけるだけのパプリカ色素などは一切、使ってないので、
昔ながらのレモン色です。

【 Tea Designing Team TAT 】


人がいる。つながりができる。そして、何かが生まれる。
それが お茶の湯気がある空間。

ひとりひとりの、そのひとときのための ぴったりな
お茶をデザイニングする 茶のプロフェッショナルチーム。

桜花のお茶はTATさんのセレクトによるものです。
Tea Designing Team

料理人

森田 龍彦 / モリタ タツヒコ

1972年7月9日生まれ 大阪出身

 料理人としては少し遅い24歳から修業を始める。人気創作料理店からスタートし、割烹にて研鑽を積み本格的に日本料理を学ぶ。
 食材・産地、その調理法を良く知る料理人として評価され、メディアに多数取り上げられる。
 食と農をつなげる料理人としてオーガニック料理教室の実施やコラムの執筆をする。
 「大阪有機農業研究会 代表」「浪速魚菜の会 理事」を歴任後、「大阪食文化研究所」を主催。

興味のあること -
日本の歳時・フットサル・スポーツ観戦・読書(主に料理書)・茶道

森田 龍彦

主な取得資格

  • ・日本料理専門調理師
  • ・ジュニアベジタブル&フルーツマイスター
  • ・健康管理士一般指導員
  • ・高等学校一種免許状(国語)