吉野鮨本店

明治12年(1879年)以降、長きにわたり江戸前を代表する寿司屋として君臨するのが「吉野鮨本店」です。今日では最も高価な寿司ネタのひとつとして知られるトロですが、この店が発祥だと言われています。江戸時代、マグロと言えば赤身のことを指していました。しかし、傷みやすく脂が多いトロはほとんど食べられていませんでした。そこで、この「吉野鮨本店」の2代目、吉野正三郎氏が、この寿司ネタの顔となるトロを世に広めたのです。

5代目に引き継がれた今、伝統を守り、創業以来の味を伝えています。粕酢と塩のみのシャリは創業以来伝わるもので、それこそが寿司ネタの美味しさを引き立たせています。

アクセス方法

東京メトロ日本橋駅から歩いて数分。日本橋高島屋S.Cよりすぐ。