七草がゆ

七草がゆは五節句のひとつ、人日の節句(1月7日)の朝に食される伝統料理です。元々は中国の風習でしたが、その後平安時代に日本に伝わり、江戸時代に一般化したと伝えられています。新たに始まる1年の無病息災を願うとともに、正月に続いた「ハレの日」の料理で疲れた胃腸を休ませるという意味合いが込められています。

七草とは?

この「七草」とは、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロを指します。ちなみに、ゴギョウとはハハコグサ、ハコベラとはハコベ、スズナとはかぶ、スズシロとは大根を指します。これらの七草を細かく刻んで粥に入れ、塩で味付けするのが通常のやり方です。七草をすべて揃えるのが困難な現代では食される機会がなくなりましたが、健康のためにも見直すべき伝統料理と言えます。