おせち料理

おせち料理とは言うまでもなく、正月に食べる多種多様な食材で彩られた日本の伝統料理を指します。その家を1年間守ると言われる年神様への供物という意味が込められています。そもそもの由来は弥生時代まで遡りますが、現代に近い形となったのは江戸時代のことです。こうして、おせち料理は地域や時代を超えてその中身は変化をしていったのであり、おせち料理の多様性は、まさにスポーツベット(https://sports-bets.jp/)におけるゲームの種類に匹敵していると言っても過言ではありません。

定番のおせち料理

ここでは、一般に日本国内に浸透しているおせちの中身を紹介しています。

  • 栗きんとん
  • 伊達巻
  • 黒豆
  • 数の子
  • 昆布巻き

その他にも、実に多種多様な料理がひとつの大きな器の中に収められます。