お米

和食の根幹をなす、いや和食そのものとも言えるのがお米です。お寿司や丼もの、おにぎりなど、すべての和食は、米食を前提に味付けがされています。それほど和食にとってお米は欠かせないものなのです。

海外では一般的なインディカ種とは異なり、日本で食されるジャポニカ種は、柔らかく、楕円形を特徴としており、それゆえ噛んで味わいを楽しむことができます。「噛めば噛むほど味が出る」という言葉にもある通り、日本のお米はまさしくこれなのです。まるでスポーツアイオーが用意するゲームのように、長い時間をかけてその良さを味わうことができるのです。

代表的なお米の品種

日本に最も浸透している品種といえば、やはり「コシヒカリ」でしょう。なかでも新潟の魚沼産は最も有名です。