天ぷら

和食の代表のひとつとされる天ぷら。実は西洋から伝えられたものであることはご存知ですか?小麦に関しては、日本でも弥生時代から生産され、うどんやそうめんにして食べられてきました。一方、お米が主体の和食においては、あまり使用されることがありませんでした。

16世紀にポルトガルからやって来たカトリックの宣教師が、小麦を使用する揚げ物を日本に伝え、そこから天ぷらの歴史が始まります。魚介類の保存技術が発達していなかった江戸時代には、火が通っており、保存が可能な天ぷらが重宝されたのです。その後、天ぷらは瞬く間に市民権を獲得し、そば、寿司と並ぶ「江戸の三味」と呼ばれるようになりました。

天ぷらの発展

天ぷらは他の食材と組み合わせることで、異なる料理へと発展していきます。天ぷらそば、天丼はその一例です。