お寿司

和食を代表するものとして、誰もが納得するのが「お寿司」です。世界的にほとんど類を見ない、魚を生で食べるという行為が当たり前となったのは、この「お寿司」がきっかけと言っても間違いないでしょう。海外から日本を訪れ、現地で食べるお寿司の美味しさに脱帽する人々は少なくありません。それほど日本人の鮮度へのこだわりは偏執的で、そのお寿司を握る技術は飛び抜けたものなのです。

お寿司の歴史

平安時代後期の書物「延喜式」や「今昔物語」に「鮨」の記述があり、それはそれ以前からお寿司の原型が存在したことを意味します。平安時代以前に食べられていたのは「なれずし」のような発酵食品であり、一般に寿司として認識されている「江戸前寿司」とはかなり異なります。今日のスタイルは江戸時代に誕生しました。